【フリーター】おすすめの就職・転職サイト【20代・30代】

フリーターから正社員になるのは難しい?私の体験談

はじめに結論を述べますが、『フリーターから正社員になる』ことは可能です。それは20代でも30代でも変わりません。

フリーターから就活をすると、なかなか書類選考が通らなかったり、面接が通らなかったりするので、落ち込むことも多いですが、それでも正社員になることは可能です。

なので自分を責めないで下さい。

私自身26歳で職歴なしから就職成功しましたし、私の知り合いは34歳で正社員就職に成功しています。

まずは就職はできるんだと理解しましょう。

 

でも「どんな仕事でもいいから就職したい」とか「ブラック企業でいいから就職したい」なんて思いませんよね?

 

「できるならホワイト企業がいいし、待遇は良い方がいい」

 

でもフリーターから正社員就職を目指すと、悪質な企業に遭遇する可能性は新卒に比べると高いんです。

だから注意して就職活動を進めていきましょう。

今記事では私の体験談を基に、「ブラック企業を避けるコツ」「フリーターの就職に必要なこと」、そして「フリーターにおすすめの就職サイト・転職サイト」をご紹介いたします。

 

注)一つだけ頭に入れておいてほしいのは、新卒より既卒、20代より30代の方が就職は難しくなります。

ですので、絶対に就職するんだという覚悟を持ち、すぐに行動に移しましょう。その覚悟がある人だけ先を読み進めて下さい。

この記事の内容

・ブラック企業を避ける為に基準を作ろう

・フリーターに適した転職サイト・転職エージェント

・フリーターから就職したらどんな生活になるの

・フリーターから正社員になるのは簡単

・フリーターから就職しやすい仕事・職種

ブラックを避ける為、希望条件の基準を作ろう

就職はできると言いましたが、あなたの希望条件を全て叶えるのは難しいです。

例えば「週休2日」「最寄りの駅から徒歩五分」「内勤外回りなし」「残業なし」「給料23万以上」。

こんな条件の求人がもしあれば、誰もが狙っているので、応募数はとんでもない数になり、経歴のないフリーターは書類選考で落とされるのが関の山です。

これは希望条件を通り越してワガママです。

 

でも「土日休みで給料が23万円以上」とか、「家から近くて車通勤可」とか、「内勤」とか、これなら実現可能です。

よほど無理な条件でない限り、2〜3つは叶えることができる筈です。

ですから、あなたが今からやることは仕事選びの基準を決めてしまいましょう。

仕事選びの順序

①やりたい仕事はないか?挑戦したい仕事はないか?

②ないなら自分が大切にしている価値観は何か?

③ないならあなたの働く上で大事な条件は何か?

④あなたが「これだけは絶対嫌!」と思うものは何か?

仕事を決める際は①→②→③→④の順番で考えていきましょう。

これだけは絶対に嫌!を決めておかないと後悔する

冒頭でも述べたように、フリーターから就活するとなかなか内定が決まらないので、どんどん追い込まれていきます。

そうすると、自分が本望ではない仕事まで選択肢に入れる必要がでてきます。つまりあなたにとってのブラック企業も仕事選びに含まれてしまいます。

もちろんフリーターから就活するには、そういう覚悟も必要なのですが、人間誰しも適正があります。

絶対にできないと思う仕事を無理やりやったところで、仮に入社できたとして続けられるでしょうか?

半年くらいで辞めてしまう可能性はありませんか?

そうなると、時間だけが無駄になってしまいます。

 

だったら最初から無理はせず、「これだけは絶対にイヤ」という最低条件を考えておくことは大事です。

「絶対に週1休みは嫌」。なら、それだけは避けて仕事を探しましょう。

「絶対に飲食業は嫌」。なら、それだけは避けて仕事を探しましょう。

 

ちなみに私の就活初期には『マイナビ転職』と『はたらいく』を使っていましたが、これらのサイトで履歴書の書き方を勉強したり、書籍を読んで面接の受け方を学んで応募しました。

それで10社中7社書類選考を通過しましたし、その内3社は内定しました。

フリーターでも内定をもらうのって案外簡単なんです。

ただしブラック企業といういわくつきでしたが・・・。

 

内定後、どんな企業か調べようと検索してみると「ブラック企業」とか「夜でも電気が消えてるのを見たことがない」とか「求人に書いている情報は全てウソ」とか嫌な噂ばかりが引っかかったのです。

ネット情報は嘘も多いので信憑性は分かりませんでしたが、自分では判断できなかったので、内定をお断りする形になりました。

 

この時から私は、転職サイトやハローワークの求人は募集企業が文章を考えているから、自社に都合のいいことしか書いてない(場合もある)と考えるようになりました。(大企業はちゃんとしてる情報が多いです。中小で良いことしか書いてない場合は疑ってよいかもしれません)

その次に利用したのが転職エージェントです。

転職エージェントは民間のハローワークのようなものと考えて下さい。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトとは大手では『リクナビNEXT』や『マイナビ転職』などが有名です。

利用方法は、WEBサイトで自分で求人を探します。良いなと思う仕事を見つけたら、応募画面から履歴書や職務経歴書を送り、書類選考を受けます。

書類選考に通過すれば面接に呼ばれ、企業と双方同意であれば、内定して就職となります。

転職サイトによっては、プロフィール登録しておくことで非公開企業からのスカウトを受けることもあります。

 

転職エージェントは、WEBから登録をしたら、転職エージェント会社(人材紹介会社)から連絡が入り面談日を決定します。(電話面談も可)

そこで自分の希望状況や、今までの経験スキルを担当者に話します。

そしてその話をもとに、担当者があなたに最適と判断した仕事を紹介してくれます。それら大半の仕事は、転職サイトやハローワークには掲載されていない企業求人です。

そのため今まで見たことない仕事と出会える可能性が高く、仕事探しのきっかけにもなります。

 

一番のポイントは、ほとんどの転職エージェントでは「ブラック企業徹底排除」をうたっており、営業マンが実際に訪問し、目で見た企業ばかりを紹介してる点です。

どんな会社なのか、会社の内部事情を担当者が教えてくれので、転職サイトに比べるとブラックを避けやすいのです。(もちろん0ではありませんが)

またアドバイザーが履歴書・職務経歴書の書き方を丁寧に教えてくれ、あなたのアピールポイントをまとめてくれるので書類選考に通過しやすくもなります。

面接の練習や、企業に対してのプッシュもあるので、一人で就活をするより選考通過率は高くなるでしょう。

 

ひとつだけ注意したいのは、DODAやリクルートエージェント等はテレビCMでもおなじみですが、これらエージェントは転職者向けに作られているのでフリーターはあまり効果的ではありません。

フリーターにおすすめの就職サイト・転職サイト

ではここからはフリーターに適した転職エージェントから紹介していきましょう

就職Shop

私がお世話になった中でも、最もオススメなのが『就職Shop』です。

おすすめの理由の1つが、大手であるリクルート運営のため、様々な業界にコネクションがあり、求人の質が平均的に高い点です。

実際利用した感触でも、5社紹介の内、4社は満足いく会社でした。

初めに紹介を受けた1社は見るからにブラック企業だったので(検索したら検索予測でブラックと出るくらい)、「この人材紹介会社は大丈夫なの?」と不安になりましたが、その後紹介の企業は全て満足いくものでした。

他のフリーター系転職エージェントの打率と比べれば、圧倒的に高く満足いく就活ができました。

 

又もう1点の魅力は、書類選考がない所です。

就職Shopでは紹介を受けた全ての企業で面接が確約されています。

就職を左右するのは「スキルやキャリア」を除けば、「希望する会社でどれだけ働きたいのか」の気持ちだけ。

フリーターですので、スキルやキャリアもありません。

となれば、後は気持ちだけですが、やはり文面だけでは、どうしても伝えられる範囲が限られてしまい、不採用となるケースが多いのです。

ただ就職Shopからであれば、自分の気持ちを面接で余すことなく伝えられるので、採用率が上がりますし、仮に不採用でも満足できるのです。

もしなかなか仕事が決まらないという方は就職Shopを一度利用して下さい。

DYM就職

就職Shopが一番のおすすめですが、地方や31歳以上の方は利用できません。そんな方におすすめなのがDYM就職です。

こちらも就職ショップと同様、書類選考がなく面接確約です。

 

ただし私が最初に行った時は、私が営業職だけは嫌と決めていたからか、「紹介できる求人が今はない」と言われました。

その後、半月程だったと思いますが放ったらかしにされました。

このまま、このDYMとは自然消滅かな?と思ったら、連絡が入りIT職や販売職などの仕事紹介を受けました。

その仕事はとても良かったので、受けさせていただきました。

 

都会に住んでる人なら、もっと色んな求人があるみたいですが、DYMは質の低い求人を削ぎ落とす為に企業を絞ってるようで、田舎の方は求人数はそこまで多くないみたいです。

その為、個人的には就職ショップの方が満足度は高かったですが、うまくハマれば良い人材紹介会社だと思います。

JAIC

就職するだけでなく社会人としてのスキルを身につけたいという方ならJAICがおすすめです。

ジェイクは他の転職エージェントと違い、研修システムを導入しています。

 

これは5日から7日間程度、他の登録者と一緒に社会人としての必要なスキルの勉強や仕事の体験を行います。

その研修を終えれば企業との合同面接会が行えます。

合同面接会では約20社と、10分程度の面談を次々と行っていき、マッチングが成功すれば、改めて個人面談をして内定という流れです。

研修を終えた者なら、1社〜2社程度は内定をもらえている方がほとんどですので、なにがなんでも就職してやるんだという強い意気込みがある方におすすめです。

今までは29歳までしか利用できませんでしたが2019年から34歳まで利用できるようになりました。

リクナビネクスト

リクナビネクストはリクルートが運営する転職サイトで、転職業界で最も有名なサイトです。

リクナビNEXT は大手求人がほとんどで質の高い求人ばかりです。

そのためフリーターが利用してもなかなか選考通過することができませんが「未経験から働く」など、条件を絞って検索すれば多少求人は出てくるので、利用しておいて損はないサイトです。

マイナビ転職

マイナビ転職もリクナビネクスト同様に大手転職サイトです。

ただしマイナビ転職の方が中小企業や零細仕事の求人掲載が多いと印象で、競争率が低い割に質の高いお宝求人が多い印象です。

はたらいく

はたらいくもリクルート運営の転職サイトですが、こちらは SNSのような昨今流行りの就職サイトです。

求人を探して「いいな」と思う仕事があれば「らいく!=いいね」を押したり企業に直接メッセージを送ることができます。

逆に企業からも「らいく!」や「メッセージ」を受けれるので、気軽に就活ができるのが人気の理由です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました