ニートがIT業界に就職|エンジニア・プログラマーは未経験可でおすすめ

ニートの方が就職活動する際にIT職への興味を持つ方も多いと思います。

IT職なら未経験でも就職できるという話をよく聞きますが、これは本当なのでしょうか?

この記事では未経験からIT業界で働くための方法や、IT職の仕事とはどんな仕事なのか解説します。

この記事の内容

・IT職ってどんな仕事?

・ニートからでもエンジニア・プログラマーで就職できる

・IT職のメリット、デメリット

・就職活動の方法

・ニートからIT職の体験談

ITってどんな仕事

ITと言うと、漠然と「インターネットを利用した仕事なんだろうなぁ」というイメージはあると思います。

ただどんな仕事をするのか、はっきり分かってる方は少ないでしょう。

 

ITとはインターネット関連事業を行ってる会社のことを総称して言います。

例えばウェブサイトやアプリなどのソフトウェアを制作をしたり、インターネットを通じた光回線などが正しく動作しているかを点検する仕事もIT職です。

エンジニアとプログラマーの違い

次にIT業界の中でも、ニートから人気の『エンジニア』と『プログラマー』の違いについて見ていきましょう。

エンジニアとプログラマーの関係は建設で例えられることが多いです。

エンジニアは建設で例えるならば『建築士』、プログラマーは『大工』になります。

エンジニア=建築士

 

エンジニア職は発注者と話をして意図を汲み取り、それをシステムとして設計していく作業。設計ができたらその設計図をプログラマに共有します。外部とのコミュニケーション力、そして設計する能力を必要とします。

プログラマー=大工

 

プログラマーはエンジニアが設計したものをPCを使って組み立てていく作業です。プロジェクトメンバーとのコミュニケーション能力、そして集中力が必要となります。

これが建築士と大工といわれる所以です。

ちなみにエンジニアの中には『システムエンジニア』と『インフラエンジニア』があります。

システムエンジニアは今でてきたようなシステムを作ったり設計していくエンジニアで、インフラエンジニアは回線がしっかり動いているかなどチェックする仕事です。

ニートからでもエンジニアになれる

これだけ見ると凄い知識が必要で、とてもニートや未経験からエンジニアになるのは難しいように思いますよね?

でもIT職は未経験からでも就職できます。なぜならIT業界は慢性的な人材不足だからです。

最近はどの企業もIT職に力を入れており、プログラマーやエンジニアを必要としてる会社はとても多いのですが、その数に対し人材が少なすぎるのです。

「猫の手も借りたい」という言葉もあるように、IT職では「未経験の手も借りたい」のです。

とりあえず入社してもらって研修で教えるので仕事をしてもらいたいというのが本音です。

ですからもしエンジニアやプログラマーになりたいと思ったら就職しやすくチャンスです。

IT職での面接・選考

勿論いくらIT職が人手不足だと言っても、やる気がない人を入れるほど暇ではありません。

知識豊富な人材やキャリアの豊富な人材がいれば、そちらを採用するのも当たり前の話しです。

ですから楽々選考通過はできません。あなたの熱意を見る会社はとても多いです。

どうしてプログラマーやエンジニアになりたいのか。

 

なぜこの会社で働きたいと思ったのか。

 

どんな風に仕事をしていこうと考えているのか

 

面接でよく受けるこのような質問に対し、熱意を持って伝えることは大切です。

社内研修でいろんなことを教えてもらいますが、0の知識で面接を受けていいわけではありません。

プログラムが組める人は当然有利。最低でも面接中に飛び交う言葉が何を指しているのか、何の話しをしているのかくらいは分かるようにしておきましょう。

と言っても、プログラム言語を覚えろというわけではありません。勉強する姿勢や柔軟に対応できる姿勢を見せればいいのです。

まずは自分がIT職に適性があるかを判断しよう

まずは自分がIT職に適性があるか判断しましょう。

どんな仕事にも言えることですが、きついこと、しんどいこと、つらいことはあります。

そんな時でも、IT業界自体に興味があれば頑張ろうと思えるし、一切興味がないんだったら辞めようと考えてしまうかもしれません。

ですから自宅でいいので、一度プログラミングをやってみるのがおすすめです。

最近では、プログラミングの無料講座がネットには山程あります。(ドットインストール、Progate、Udemy、Schoo)。

一部有料もありますが、無料で学べるサイトは多いです。

 

このようなサイトに登録して自分でシステムを作ってみたり、打ち込んだり、一週間ほど触ってみましょう。

全く興味が湧かないなら、IT業界以外もありです。もしちょっとでも楽しそうだなとか、興味が湧いたらチャンスです。

エンジニア・プログラマは狙い目

なぜならニートから逆転する上で、エンジニアやプログラマーなどIT職は、とても最適の仕事だからです。

まだまだこれからも伸び続ける業界で安定しているし、給料も他の仕事より高め、何より求人数が多いため就職しやすいです。

一般的な職業なら初任給は18万から20万程度。そこから3年近く経っても24万円〜30万円程度が最大値ですか、IT系なら月収30万は簡単に超えれます。

一生懸命働き頭を使って頑張っていけば、年収600万以上も不可能ではありません。

エンジニアプログラマーの働き方待遇

厚生労働省が発表している『賃金構造基本統計調査』ではシステムエンジニアの平均月収は500万円以上。

一般的な職業の平均年収は450万円程度なので、他の職種より給料が良いことが分かります。

 

勤務時間や残業時間が会社によって様々です。

IT土方という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

IT土方は難しい知識を必要とせず、比較的簡単な作業を低賃金でやる仕事で、末端のプログラマーに多い仕事です。

このIT土方のプログラマーになってしまうと、月100時間以上残業なんてこともざらにあります。

 

見極める為には、会社の規模が大事です。小さすぎて仕事が回っていない場合、該当する可能性は高いです。

また、エンジニアとプログラマーの仕事には「自社開発」の仕事か「請負開発」か「客先常駐」かの3種類があります。

自社開発してる会社は比較的余裕もあり、月残業も20時間以内としている所が多いですが、勤める会社が他の会社から請け負って仕事をしている請負開発や、客先で仕事をする客先常駐の場合、過酷な労働環境になる可能性が高いので注意して下さい。

ニートから介護職で働いた人の体験談

 入社してからの勉強は大変ですが将来が今から楽しみ

元々事務のお仕事をしていました。

毎日淡々とした仕事が続き、これからの自分に対して不安を覚えました。仕事量も少なく暇な日が多かったため、空き時間を利用し、今後も成長していくことが見込めるエンジニアに関する勉強をはじめました。

幸いにも周りの人間はエンジニアが多かったため、分からないことを教えてもらうことができたのも大きなポイントだったかもしれません。

数か月後、CCNAというエンジニアの入り口といえる資格を取得しました。そこで新たな道に進むことを決意し、転職するに至ります。

実は最近入社したばかりなので、今は研修をしているのが現状です。一応CCNAは所持していますが、実務経験は皆無なため、実際のお仕事で役に立つこと、必要なことを聞きながら勉強をさせていただけるのはとてもありがたいです。

研修内容の主はCCNAを取得するための内容なのですが、資格を取得することを目的として勉強してしまったため染み付いていない部分も多く、復習しながら再度学ぶことで理解が深まり、これからのお仕事にも生かせると思っています。

他の中途入社社員が全員資格を取得したら、Linuxの研修に入るそうです。

Linuxは個人的に勉強しようとしていたのですが、参考書を読んでもさっぱり頭に入ってこなかったため、改めて学べるのは楽しみです。

入社して苦労したことは専門用語が本当にわからなかったことです。

ネットワーク関係の用語がさっぱり分かっていなかったので、まずは最低限のラインを覚えることに苦労をしました。

ネットワークの勉強をしていないような人でもわかるものでも私にはさっぱりだったので、何度か挫けそうになりました。周りの方々のサポートがなければ転職自体諦めていたと思います。

良かったことは給料の成長が見込めることです。

事務の仕事は仕事内容の成長もなく給料が大きく上がることは期待できませんでしたが、エンジニアは勉強すればするほど自分に見返りがあると思うので、今から楽しみです。

今は月収30万です。勤務時間は9:00~17:30、土日祝日はお休みです。その他バースデイ休暇やクリスマス休暇など、休暇の日数は多いです。

ボーナスは3か月分を年に2回。その他に別途業績によりボーナスがあります。残業は人によりますが、基本的には30分以内。全くない方がほとんどです。

(就職時 24歳女性)

男性アイコン IT土方で苦労した

私は元々パソコンやプログラミングについて興味があったので大学時代から独学で触っていました。

卒業後ずっと何もしていなかったので、パソコンに興味があったことを思い出し、更に見識を深めたいと、プログラミングスクールに通いました。

そこで基本情報技術者試験の勉強や、様々なJava言語でのシステム開発などの勉強をします。

大学は文系だったしIT未経験なので正社員にはなれないだろうとは思っていたのですが、何社か応募してみた際に、面接官に自分の学習歴をアピールしたところ、内定をもらうことに成功しました。

うちの会社は、入社してからは研修はほどんどなく、OJTでダム制御システムの開発をC言語で行いましたが、とてつもなく難易度が高かったことを記憶しています。

また、その年の6月には、東京に転勤することになりました。大手企業の下請け要員として、Unix C言語を利用したネットワークシステムの開発に携わりました。

このプロジェクトもソースコードが数百万ステップ(MStep)ほどあり、超難易度の高い仕事で気持ちがおかしくなりそうになりました。

業務は、プログラミング業務だけでなく、要求定義から仕様段階、デバッグ(単体テスト、結合テスト、システムテスト)なども行い、実際の業務に占めるプログラミングの割合は、20%前後でした。

面接時のときは、転勤なしで転勤はあったとしても、2,3ヶ月程度ということで口約束をしたのですが、入社したら10人採用された中の自分1人だけ無期限の首都圏への転勤を命ぜられたことが精神的体力的に苦労したことです。

難易度が高い仕事ばかりで、苦労したことばっかりでしたが、C言語についてはそれなりのレベルになることができ、他の言語にも興味を持つことができ、現在は障害者事業所で働いていますが、Web系の仕事(JavaScript,PHP)を任せてもらえるようになりました。

給料は首都圏手当が出て月20万円くらい。

勤務時間は、IT土方並の労働で帰りが深夜になったり、夜勤もありました。月の残業時間は、100時間ほどです。

休日は、請負先企業のタイムカレンダーに依存し、連休を取ることができました。ボーナスは基本給よりほんの少し良い程度です。

(就職時 34歳男性)

男性アイコン 日々勉強です

エンジニア・プログラマーはいわば職人気質のようなイメージが強く、自分で解決する能力が問われる職種ではないかと思っていました。

そこで過去に営業職をしていた私は、面接時にチームの成功体験ではなく、自力で考え行動し、そして成功した経験をお話ししました。

その途中の挫折やストレスも踏まえてお話しすることでストレス耐久性も面接官にアピールしました。

その結果として内定をいただくことができ、現在は社内のシステム改修を行うエンジニアとして従事しています。

製造業に入社した為、初めは各部署の業務研修に参加させて頂き、商品の流れやお金の流れがどのようなシステムで行われているのか学びました。

また、工場にも見学させて頂き。商品を構成する原材料や包材の割合や在庫管理の仕組みを学びました。

それを踏まえて外部研修であるオラクルのデータベースに参加をし、マスタ登録の仕組みや変更方法、障害発生時のバックアップ処理などを学びました。

また普段の業務に加えて各部署の社員からエクセルやアクセスの使い方に関しての問い合わせも頻繁に起こる為、VBA研修に参加し簡易的なマイクロソフトオフィスのソフト内で簡易的なシステムを構築できる外部研修にも参加しました。

ここまで約半年かけて様々な研修に参加しておりますが、まだまだ実務で活かせる能力までは達していません。

営業職からエンジニア・プログラマーに転職したのである程度の社会常識やコミュニケーション能力は持ち合わせていると自覚しています。

しかし、コードを解読していく中で先輩社員に不明な点を質問する際に、具体的にどこがわからないのか質問する要点をまとめるよう指摘を受けました。

先輩社員も全て把握しているわけではないのでどこまでは理解し、どこから不明なのか明確にしないと次に進まないし、先輩社員から教えてもらう時間も無駄にしてしまうので専門知識を交えた説明能力が大変苦労しました。

ユーザーの問い合わせに対してエクセルの使い方をレクチャーし感謝されたことは初歩的なエンジニアではありますが、大変嬉しい気持ちになりました。

給与は手取りで20万ほどです。

勤務時間はお昼休憩を除き8時間ですがサービス残業が多く夜の9時、10時まで残ってコードを読むこともあります。

基本的に誰か教えてくれる環境ではないので自力でやる点は初めは辛いと感じています。

休日は土日祝しっかりと取得できますがサーバーの障害や切替が発生すると土曜出勤がありますので、その週は振替を使用して平日にお休みを頂いております。

(就職時 29歳男性)

就活の方法と転職サイト

エンジニア・プログラマーは他の職種と同じように転職サイトや転職エージェントを利用するとよいです。

フリーターやニートに特化した転職エージェントなら『DYM就職』や『就職Shop』などがあります。

どちらもIT業界を得意としており、相談からの就職率も高いのでおすすめです。

 

またITの場合は、ITに特化した転職サイトや転職エージェントも多いので、それらを利用するのもおすすめです。

例えば30歳未満で東京都にお住まいの方なら、『GEEK JOB』があります。

こちらはフリーターや第二新卒など未経験から、IT業界のエンジニアの正社員になりたいという方に向けて作られた転職エージェントです。

面白いのが、無料でPHP/Java/Rubyなどのプログラミングを学びながら就活も支援してくれる点です。

キャリアコンサルタントが個別に転職支援をしてくれますので、是非役立てて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました